Login
jp

Language

  • en
  • de
  • fr
  • es
  • br
  • ru
  • jp
  • kr

Machine translation

  • bg
  • cs
  • dk
  • gr
  • hu
  • il
  • it
  • pl
  • se
  • tr

Rubyの更新

Ruby は Easy Redmine を動作させる前提条件です。これは継続的に更新されているプログラミング言語です。これは、Easy Redmine の新しいバージョンを動作させるには時々 Ruby を更新する必要があることを意味します。Ruby を更新した結果 になぜガイドラインがあるかを示しているため、あなたの設定における関連した変更をすることはないでしょう。

最も一般的な問題は、Ruby を更新後にサーバー(unicorn)が起動しないことです。

このガイドラインは Easy Software から提供された VM での例を示しています。サーバーで実行する前に、常にこれらのステップを確認してください。

0/ バックアップを作成

1/ Ruby をアップグレード (rvm を使う)
sudo rvm get head
sudo rvm install ruby-2.7.4-railsexpress
rvm use --default ruby-2.7.4-railsexpress

互換性のあるバージョンを使っていることを確認してください。参照: system requirements

2/ bundler & puma をインストール
gem install bundler

3/ アプリケーションのルートディレクトリに移動し、gems をインストール
cd APPLICATION_ROOT
bundle update

4/ Easy Redmine をインストール
rake easyproject:install RAILS_ENV=production

5/ 起動スクリプトの Reuby バージョンを変更する必要もあるかもしれません。
構成はパス内にある必要があります(VM、OS のバージョンに依存):

/etc/systemd/system/sidekiq@appname.service.requires/puma@appname.service

/etc/systemd/system/easy.service

例:

...
[Service]
Type=simple
User=easy
WorkingDirectory=/srv/easyredmine/public_html
Environment=RAILS_ENV=production
PIDFile=/srv/easyredmine/run/application.pid
ExecStart=/bin/bash -lc 'bundle exec puma -C /home/easy/puma.rb -e production'
...

Ruby のバージョンを変えるか、"default" を使用してください。これを保存し、サービスを再起動してください。

それでも動作しない場合、サポートに連絡し、と production.log を送ってください。

Easy Redmineの30日間無料トライアルをお試しください

ローカルのリージョンサーバーで、フル機能、SSL保護、日時バックアップ