Login
jp

Language

  • en
  • de
  • fr
  • es
  • br
  • ru
  • jp
  • kr

Machine translation

  • bg
  • cs
  • dk
  • gr
  • hu
  • il
  • it
  • pl
  • se
  • tr

Easy Redmine のアップデート

Redmine をベストなオープンソース・プロジェクト管理ソフトウェアにするために、Easy Redmine は継続的に開発されています。

コミュニティのユーザーにアップグレードとプロフェッショナルなサービスを提供するために、基本の Redmine と互換であるように計画しています。

このシステムは、安定性とイノベーションの相反するニーズのバランスをとるように設計されています。

リリースのサイクルは、

  • バグフィックス(パッチ) - 毎週。全体の機能にほとんど影響を与えないバグフィックスのみです。バージョン表記:10.6.1
  • マイナーバージョン(新機能付き) - 毎月(22 日前後)。全体の機能に少し影響、変更、新機能を加えるバグフィックスです。秋のエディション(9月)は、より大きな機能追加、機能変更が含まれます。バージョン表記:10.6.0
  • メジャーバージョン - 毎年(春)。全体のテクノロジーのシフト、デザインのリフレッシュ、新しいプラグインです。バージョン表記:11.0.0

サーバーソリューションのアップデート

  • 購入後、3か月間は無料でアップデートを提供します。
  • それ以降は有料で、1年単位で購入することができます。
  • アップデートはクライアントゾーン(カスタマーポータルの一部)でダウンロード可能です。

製品のアップデートは必須ではありません(サーバーライセンスは、そのバージョンで使う限りは無期限)。

しかし、アップデートが必要な場合、アップデートの失効の日付までさかのぼってサービスを購入する必要があります。

クラウドソリューションのアップデート

  • クラウドのサービス契約はアップデートが含まれます。
  • クラウド上のアプリケーションは自動的に更新されます(データセンターのローカル時間の夜間)。
  • カスタマイズされた契約の場合にのみ、自動更新を無効にできます。
  • (上記の)マイナーアップデートとメジャーアップデートは、アプリケーション内の通知で事前に通知されます。

変更履歴はここで確認できます。注目すべき変更が記載されたリリースノートはナレッジベースで確認できます。

 

Easy Redmine 製品ライフサイクル

  Q1 Q2 Q3 Q4 Q1 Q2 Q3 Q4 Q1 Q2 Q3 Q4
  2020 2021 2022
Easy Redmine 11                        
Easy Redmine 10                        
Easy Redmine 2018 (v9 以前)                        

 

Easy Redmine ライフサイクルのステージ:

早期リリース – SWバージョンは、拡張サポート条件下で任意のアーリーアダプターが利用できます。

一般提供 – 実際のバージョン。 定期的な機能の更新は、このバージョンに焦点を当てています。 フルサポート。

LTS(ロングタームサポート) – カスタマーサポートと時折のバグ修正が利用可能です。 機能やカスタム要件はありません。 クラウドで証明可能。

サポートの終了 – サポートは提供されるだけで、バグ修正はありません。 カスタマイズされたソリューションとしてのみクラウドで提供されます。

Easy Redmineの30日間無料トライアルをお試しください

ローカルのリージョンサーバーで、フル機能、SSL保護、日時バックアップ