Login
jp

Language

  • en
  • de
  • fr
  • es
  • br
  • ru
  • jp
  • kr

Machine translation

  • bg
  • cs
  • dk
  • gr
  • hu
  • il
  • it
  • pl
  • se
  • tr

Bitnami Redmine (Linux) を Easy Redmine にアップグレード

これは、Bitnami for Linux に Redmine をインストールしている方のためのガイドです。このガイドでは、この Redmine を Easy Redmine にアップグレードする方法を説明します。

0) 始める前に

  • Bitnami のパッケージは Redmine のバージョンごとに変更されるため、動作が異なる可能性があります
  • このガイドは次のバージョンでテストされています:bitnami redmine 2.5.1-1
  • 一部の OS では、Bitnami の動作に問題がある場合がありますので注意してください
  • Easy Redmine は、標準の Redmine が必要ですが、Bitnami は Redmine のコードを変更するため、Easy Redmine では推奨されません
  • Bitnami での Easy Redmine の動作保証は行っていません。ただし、標準的な環境(プレインストールされた VMware イメージ)への移行をサポートすることは可能です。詳細は、ここを参照

1) Bitnami Redmine の一般的なインストール

1. Bitnami パッケージをダウンロードします:

http://bitnami.com/stack/redmine/installer

2. 指示に従ってインストールします

http://bitnami.com/stack/redmine/README.txt

実際には、"next" "next" をクリックして、Redmine のログイン名とパスワードを入力するだけの簡単なウィザードです。

2) 既存の Bitnami Redmine への Easy Redmine のインストール

1. Easy Redmine のパッケージをコピーして、通常は下記に置きます:~/BitNami/apps/redmine/htdocs

2. Bitnami を使うと、システムに Ruby が入っていません。そこで、シェルに Ruby を読み込むスクリプト "use_redmine" を実行する必要があります

ここで、Easy Redmine 専用の gem をインストールする必要があります

> Gemfile.lock を削除

> パラメーターを使って "bundle" を実行します(インストール時にエラーが発生した場合、依存関係をチェックします)

bundle install --without development test --binstubs --no-deployment

3. 次の標準ガイドに沿って続行します - ここ

4. 次のコマンドでサーバーを再起動します:

BITNAMI/ctlscript.sh restart

Linux トラブルシュート (CentOS)

Easy Redmine のインストールを始める前に、以下のパッケージがインストールされていることを確認してください:

> wget

> git

> gcc

Easy Redmineの30日間無料トライアルをお試しください

ローカルのリージョンサーバーで、フル機能、SSL保護、日時バックアップ